ダニよけのポイント

ダニよけのポイント

実家の布団がかゆい問題!さりげなく対策か協力要請か、帰省前の準備がポイントです

実家の布団を使った後に、かゆくなったり鼻水が出たりするのは、もしかしてダニが発生しているからかもしれません。特にダニアレルギーのある人にとっては、せっかくの帰省が辛いものになってしまいます。とはいえ、家庭によって事情が違うため、実家の布団対策は難しい点も。今回は、実家の布団事情についてまとめ、ダニ対策のポイントを紹介します。
ダニよけのポイント

【保存版】布団のダニ対策を徹底解説!布団ケアとダニよけ法まとめ

布団はダニが繁殖しやすい場所。うっかりダニが増えてしまうと、睡眠を妨げられたり、健康被害を受けたりする可能性があります。布団のダニ対策にしっかり取り組みたい方に、対策法や予防法を徹底解説。来客用布団のように長期間使用しないときの保管方法、ダニを寄せ付けない環境づくり、便利なダニよけグッズも紹介します。
ダニよけのポイント

【ダニよけシリカの使い方~応用編】スタッフ考案の「吊り下げ」アイデア

ウッディラボの「ダニよけシリカ」は、個包装になっているため、小さなスキマでも便利に使えるダニよけアイテムです。ですが、小さいからこそ、置き場所を見失ってしまったり、うっかり掃除機で吸いこんでしまったりすることも。また、そのままでは吊り下げられないのも残念。そんな方に、スタッフ考案のダニよけシリカ活用法をご紹介。
ダニよけのポイント

【ダニよけシリカの使い方】置くだけ簡単、ダニ対策の基本と使用後の活用法

ウッディラボのダニよけシリカは、置くだけで簡単にダニ対策ができる便利アイテム。天然由来の香りの力で、ダニをよせつけないないので、気になると頃に設置するだけ。お掃除ブロガーのよしママさんに、基本の使い方を解説いただきました。
ダニよけのポイント

ダニを集める方法では減らない!?寄せ付けないダニよけのススメ

布団やカーペットなどのダニが気になる場合、ダニを集めるアイテムを使う人も多いかもしれません。しかし、すでに存在するダニを集めたとしても、繁殖のスピードに追い付かなかったら、いつまでたってもダニは減りません。今回はダニを集める対策のメリットやデメリットについて解説します。
ダニよけのポイント

ウッディラボの「ダニよけシリカ」使ってみました!【ママライターレビュー】

普段の生活に取り入れやすいウッディラボのダニよけシリカ。ポンと置くだけなので、いつでも気軽に使えるのがうれしい。ダニよけしておきたい場所とその理由、使用期限が過ぎた後の使い道など、ダニよけシリカを使ったママライターのレビューです。
ダニよけのポイント

布団のダニを退治する簡単な方法とは?正しく対策してダニとさよならしよう

布団のダニを退治しようと思ったら、今いるダニを死滅させる対策とダニを寄せ付けない環境を作る対策の2つを行う必要があります。それぞれ効果的な方法が異なるため、正しい知識を身につけてダニを退治しなければなりません。布団に発生するダニを退治しつつダニとさよならする方法とともに、おすすめのダニよけアイテムを紹介します。
ダニよけのポイント

ダニは、どこから入ってくるの?招かれざる「ダニ」を寄せ付けないために

いつの間にか、家に入り込んでいるダニ。一体どこからやってくるのか不思議ですよね。ダニは人が生活しているほとんどの場所には生息するといわれるほど身近に存在し、しかも害を及ぼす恐れがあります。意外と知らないダニについて詳しく解説し、効果的なダニ対策を紹介します。
ダニよけのポイント

和室を快適に。畳にダニを発生させないポイントとは?

畳敷きの部屋は、子育て世代にとって使いやすいと見直されています。ただし、気になるのがダニ。ダニが発生してしまうと、刺されるだけでなくアレルギーの心配も。快適に過ごしたい畳において、ダニが発生する条件、発生時の対処法、普段のお手入れ方法を紹介します。
ダニよけのポイント

冬のダニに要注意!寒い時期にもダニ対策はしっかりと

ダニが増えるのは、高温多湿になる暑い時期だけではありません。乾燥する寒い冬でも、暖房や加湿器で快適に保たれた室内はダニの繁殖条件に近接しています。冬ならではのダニが住み着きやすい場所や発生しやすい条件をまとめ、効果的なダニ対策をお伝えします。
タイトルとURLをコピーしました