適切な掃除の頻度が知りたい!場所別の掃除方法や便利アイテムをご紹介

家の中をキレイに保ちたいと思っても、毎日、何度も掃除するのは無理がありますよね。そこで、気になるのが適切な掃除の頻度です。もちろん、毎日掃除ができればきれいな状態が続きますが、現実的には忙しくて家事に時間が取れない方も多いことでしょう。今回は、場所別の適切な掃除頻度の目安について解説するとともに、おすすめの掃除方法や活用したい便利アイテムをご紹介します。

家庭別に解説! 平均掃除頻度はどれくらい?

掃除頻度に明確な決まりはありません。家の広さやその場所を使う頻度、さらに家族構成や人数によっても汚れ具合は違うからです。とはいえ、他の家ではどのくらいの頻度で掃除をしているのかは気になりますよね。参考までに、家庭ごとの平均的な掃除頻度は以下のとおりです。

専業主婦(主夫)がいる家庭

専業主婦(主夫)がいる家庭の場合、共働き家庭と比べて、比較的掃除に時間を使いやすい傾向にあります。そのため、毎日掃除をする家庭が多いようです。特に、子育て家庭の場合は、家族が集まるリビングを気になったときにすぐ掃除するなど、子どものためにキレイを保とうとするケースが多く見られます。赤ちゃんや小さな子どもがいる家庭では、細かいゴミやホコリに気を遣う傾向があるため、掃除頻度は高いでしょう。

共働き家庭

共働き家庭では、毎日仕事が忙しく、平日こまめに掃除をするのが難しいこともあります。そのため、平日はあまり掃除をせず、週末にまとめてやる家庭が多いようです。また、週末にまとめて掃除をしつつ、水回りなどの気になるところだけは毎日お手入れをするという家庭も多く見られます。

一人暮らし

一人暮らしの人は、共働き家庭と同様、平日はあまり掃除をせず週末にまとめてやる傾向にあります。しかし、家族がいない分、汚れにも気づきにくく、ついつい掃除を後回しにしてしまうかもしれません。一人暮らしでも数日間掃除をしなければ汚れやホコリが溜まってしまうので、適度な掃除は必須です。

上記はあくまでも参考です、家庭の事情に合わせて無理のない頻度で掃除をすることを心がけましょう。

週に何回掃除すればいい? 場所別掃除の頻度例

掃除の頻度は、汚れ具合や家事にかける時間を考慮して、無理なくできる範囲で決めると良いでしょう。しかし、毎日使うお風呂や水回りは汚れやすい傾向にあるなど、同じ家の中でも掃除が必要な頻度が変わります。目安を知っておくと汚れがたまりにくい状態を保てますよ。ここからは、場所別の掃除頻度の目安を見てみましょう。お掃除の効率化に役立つおすすめアイテムもあわせてご紹介します。

居間・リビング

居間やリビングは家の中でも特に人の出入りが多いため、ホコリが舞いやすい場所。出入りに合わせて室内に入り込んだ花粉などが残りやすく、家族の人数が多いとその分髪の毛などもたくさん落ちています。過ごす時間が長いリビングはできるだけ快適に保ちたいところ。そのため、リビングはなるべくこまめに掃除しておくと良いでしょう。ダニやカビアレルギーが気になる家庭では毎日のお掃除を。忙しくできるだけお掃除の頻度を減らしたい人でも、週2〜3回くらいが目安といえるでしょう。

リビングのお掃除は、まず掃除機を使ってホコリを吸い取り、フローリングであれば軽く水拭きを行います。フローリング用のウェットシートを使うと楽ちんです。カーペットの場合には、粘着ローラーを使って奥に詰まった髪の毛などを取り除きましょう。掃除にかかる時間は、1回20〜30分程度が目安です。

意外に汚れがたまりやすいのがカーテンです。定期的に選択し、カビ予防を行いましょう。

ホコリの吸着を高める「お掃除プラスX」で時短掃除を

ウッディラボの「お掃除プラスX」は、ドライタイプのフローリングシートやハンディモップなどにスプレーして使うことで、ホコリや花粉などの吸着力が約2倍になるという優れもの。掃除にかける時間は同じでも、効率的に汚れを取り除けるのがメリットです。また、乾いた布にスプレーして床や家具などを拭けば、ワックス効果も期待できます。

https://woodylabo.com/SHOP/4560437941285.html

キッチン

キッチンはほぼ毎日使用するので、汚れがたまりやすい場所です。さらに、食べ物のカスや水アカ、油汚れなどが残りやすく、お掃除に手間がかかりやすい場所と言えるでしょう。

毎日徹底的に掃除をするとなると、時間がかかってしまうので、使用後にサッとキレイにしておくのがおすすめ。使用後に水分や油汚れを拭き取るだけでも、ガンコな汚れがたまりにくくなります。ただし、汚れが目立ちやすいコンロやシンク周りは、念入りにふき取っておきましょう。生ゴミは、その都度捨てることで、汚れが溜まりにくくなるうえに悪臭も予防できて一石二鳥です。

キッチンの簡単な掃除であれば、1回10〜15分で終わります。通常の掃除とは別に、週に1回は洗剤を使用してシンクを磨いたり、ディスポーザーの掃除をしたりしましょう。

「バイオサイクルディスポーザー用」でディスポーザーやシンクのキレイを長持ち

ウッディラボの「バイオサイクルディスポーザー用」は、ディスポーザーにたらすだけで簡単に掃除ができるアイテムです。天然のバクテリアの力で、ディスポーザーを傷付けず簡単に掃除ができます。ディスポーザーがない家庭でも、シンク掃除に活用できて便利。嫌な悪臭を解決でき、防汚効果でキレイが長持ちするのも魅力です。

お風呂場・洗面所

お風呂や洗面所も、毎日使うため、汚れがたまりやすい場所です。水アカ汚れだけでなく、体から出た古い角質や皮脂汚れもついてしまいます。そのままにしておくと、カビやコバエの繁殖源になったり、悪臭が発生したりするため、掃除も毎日するのが理想です。

浴槽は、洗剤やスポンジを使用して毎日磨きましょう。床や壁、小物類などまで毎日掃除するのは大変なので、浴槽以外は使用後にサッと汚れを拭き取るだけでも構いません。何もしないとどんどん汚れが溜まっていくので、浴室掃除と一緒にサッと拭き取るだけでもやっておくと良いでしょう。毎日やれば1回5〜10分程度で終わります。気軽に少しずつ掃除するのをこころがけましょう。

洗面所のお掃除は、汚れが気になった時にささっと。毎日でなくても構いませんが、水滴がついたままになっていると、水アカ汚れが目立ってしまいます。水を使う洗面所は、カビが発生しやすいポイントでもあり、使用後は水気をふき取る習慣をつけるといいですね。汚れが目立ってきたら、クエン酸や重曹を使って掃除するといいでしょう。1回10〜20分程度かければ、しっかりきれいになるはずです。

バイオの力で防汚・防臭!「バイオサイクル浴室・洗面台パイプ用」

ウッディラボの「バイオサイクル浴室・洗面台パイプ用」は、お掃除にも使えるバイオクリーナー。バイオ菌がパイプ内に定着して、掃除しにくいパイプ内の汚れを分解します。浴槽とパイプが同時にキレイになり、さらに防汚・防臭効果があるので、日々の掃除が楽になりますよ。

トイレ

トイレは1日に何度も使用するうえ、何かと汚れが残りやすい場所です。汚れが目立った時に簡単なお掃除しておけば、念入りなお掃除は週に1回程度でも良いでしょう。週に1度の掃除では、洗剤とブラシを使って便器をていねいに磨きます。1回5〜10分で終わるでしょう。とはいえ、理想は、毎日少しずつお掃除すること。そうすれば、キレイなトイレを保てます。朝や寝る前にブラシで便器内を掃除する、壁や床、便座部分などの汚れやすい場所をサッと拭き取るなど、こまめな掃除を心がけましょう。

トイレを丸ごとこれ1本で「バイオサイクルトイレ用」

ウッディラボの「バイオサイクルトイレ用」は、1本でトイレを丸ごとお掃除できるアイテムです。便器、壁、床、パイプまで、どこにでも使えるのが便利なところ。天然のバイオ菌が汚れや臭いを分解してくれるから、キレイが続きます。

バイオサイクルシリーズ 初めてセット 購入リンク

玄関

玄関は、外からついてきた泥や砂、花粉などが落ちやすい場所です。週1回程度の掃き掃除を目安に、月1〜2回は拭き掃除や収納の見直しをするとキレイな状態を保てます。掃き掃除は1回10分ほど、拭き掃除や整理は1回20〜30分ほどで終わります。

また、玄関は汚れだけでなく、臭いも気になる場所。特に靴箱は湿気がこもりやすいため、臭いが十万四がち。定期的に靴を取り出して干し、靴箱の中に風を通しましょう。

靴や靴箱の湿気と悪臭対策に「靴の消臭・除湿シリカ 除菌プラス」

玄関の悪臭源となるのは、主に湿気や汚れがついた靴。ウッディラボの「靴の消臭・除湿シリカ 除菌プラス」は、靴の中に入れておくだけで除菌・消臭ができる便利アイテムです。靴の消臭・除湿でカビ対策にもなり、玄関全体のイヤな臭いが緩和されますよ。

靴の消臭・除湿シリカ除菌プラス 購入リンク

寝室・子ども部屋

寝室は、リビングと比べてホコリやゴミがたまりにくい傾向にあります。そのため、週1回程度のお掃除でも良いでしょう。ただし、ホコリやダニに対するアレルギーがある場合には、毎日お掃除するのが基本。また、子ども部屋は使用頻度によって汚れ具合が変わります。室内でお菓子を食べる、帰宅後すぐ寝室や部屋でくつろぐ、個室で過ごす時間が長いなどの場合は、汚れ具合に応じて掃除の回数を増やしてみてください。

寝室や子ども部屋は、リビングと同様に掃除機やフローリングシート、粘着ローラーなどを使ってゴミを取り除きます。激しくない場合は、1回10〜15分の掃除で綺麗にできます。リビングと同じように「お掃除プラスX」を使って汚れを落とすのもおすすめです。個室が散らかりやすい場合は、床に荷物を置かないなどの工夫も有効です。

お掃除の頻度は家庭に合わせて。便利アイテムを使って効率よく行いましょう

掃除の頻度は、生活スタイルや家族の人数などによって変わるものです。各家庭に合った頻度で掃除をして、無理なくキレイな家を保ちましょう。日々の掃除にかかる負担を減らすには、便利グッズの活用がおすすめです。場所に合ったアイテムを使い、手軽に清潔な空間をキープしたいですね。

woody-lab.uo

332,776 views

ウッディラボのルーツは、1947年創業の家具屋。木に携わり、木のおかげでこれまで事業を続けてきました。もっと木の良さを活かし、お客様の役に立ちたい。そんな思...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。