子供のスニーカーや上履きをもっと簡単に洗いたい!WASHLYを使ったお手軽な靴の洗い方【ママライターレビュー】

ライターレビュー

こんにちは。お掃除も、片付けも、そこそこ普通のママライターMOMOYOです。

毎週末、子どもたちが持ってくる上履きは、いつも真っ黒! 園や学校に履いていくスニーカーも、こまめに洗うとなれば、なかなか大変です。できれば、もっと簡単に靴をきれいにしたい!! そんなママの味方となるのが、ウッディラボの「WASHLYスニーカー&上履き用」です。なんと、シュッシュと吹きかけて拭き取るだけで汚れ落としができるという優れもの。雨の日も、水が冷たい日も、ベランダでゴシゴシ洗っていた上履き洗いが簡単になるかもしれないと期待し、ライターMOMOYOが試してみました。スニーカーにも使ってみたので詳しくレポートしちゃいます!

<Washly 商材画像、リンク>

WASHLYスニーカー&上履き用(スニーカー洗濯、上履き洗濯、部分洗い、お手軽洗濯、消臭効果、家事ラク商品、ランドリー用品)|ウッディラボ公式オンラインショップ
スニーカーのお手入れの新習慣!水洗い不要の簡単洗浄剤!キャンパス、布地、合成皮、ゴム部分もキレイに!

基本のスニーカー・上履きの洗い方

天気やスケジュールに関係なく、休みになると子供たちが持って帰ってくる上履き。そして、毎日遊んでスニーカーを汚して帰ってきます。汚れた上履きとスニーカーは、そのままにしておくと汚れが取れにくくなるので、早目に洗いたいですよね。でも、洗い方は人によって違うかもしれません。まずは、我が家でやっていた手洗いのやり方をまとめました。

つけおき+ゴシゴシ洗い

  1. 真っ黒に汚れているときは、つけ置き洗いで全体の汚れを落としてから洗う。
  2. バケツに、靴用洗剤もしくは中性洗剤を入れたぬるま湯(40℃程度)を張り、靴をつけて1時間ほどつけておく。
  3. 靴を取り出して、ブラシでゴシゴシと洗う。中敷は念入りに。
  4. バケツにきれいな水を張り、靴を入れて洗剤の泡が出てこなくなるまですすぐ。
  5. 水気をしっかりきってから風通しの良い場所で陰干し。中の水が外へ出やすいように、かかとを下にして立てかけて干す。

スプレーや固形洗剤使い

ささっと洗いたいときは、スプレータイプの洗剤が便利。固形石鹸で洗うこともあります。

  1. バケツに水かぬるま湯(40℃程度)を用意し、靴をつけ濡らす。
  2. 靴洗い専用スプレーを吹きかけるか固形洗剤を汚れに塗り込み、ブラシでゴシゴシと洗う。
  3. すすぎと乾燥は「つけおき+ゴシゴシ洗い」と同じ。

しっかりつけおき

汚れが染みついて取れないときは、酸素系漂白剤を使ってしっかりつけ置き。

  1. 40~50℃程度のお湯に酸素系漂白剤を入れて、20分以上つけおきします。洗い桶やバケツを使う以外にも、ジップロックに入れて密封する方法もあります。
  2. 靴を取り出して汚れが残っているところをブラシで軽く洗います。
  3. すすぎと乾燥は「つけおき+ゴシゴシ洗い」と同様に行います。

※いずれの場合にも、手が荒れないようにゴム手袋を着用して行うのがおすすめです。特に、酸素系漂白剤を直接手で触ると、手が荒れる可能性があります。

スニーカーは中敷きを外して洗う

スニーカーを洗う場合、初めに洗える素材かどうかをチェックします。洗える場合は、中敷きを外し、靴底にたまった砂をかき出すことからスタート。意外とたっぷり出てきて驚くことがありますよね。

土や泥汚れは繊維の奥に入り込むと落ちにくいので、濡らす前に土や砂ホコリを叩き落とします。ブラシなどを使うと便利です。土、砂、泥汚れを叩き落した後、洗剤をつけて上履きと同様に洗います。外した中敷きもしっかり洗い、すすぎと乾燥で終了です。

WASHLYなら水不要!もっと手軽なスニーカーの洗い方

上履きやスニーカー洗いは、つけ置きに時間がかかるし、ぬるま湯や水ですすぐ必要があるので、手間がかかりますよね。「洗わずにきれいになればいいのに……」と思った方には朗報です!

吹きかけて拭き取るタイプのWASHLYなら、バケツに水を用意する必要がなく、短時間でささっと汚れ落としが可能です。使い方を紹介しましょう。

【WASHLY上履き&スニーカー用の使い方】

  1. 乾いた靴にWASHLYを直接吹きかる。※汚れが気になる個所を狙って吹きかけましょう。
  2. 吹きかけてから5~10秒後に、泡と一緒に汚れを拭き取る。※乾いた布、もしくは、固く絞った布で拭き取っていきましょう。
  3. すすぎは不要。日陰で乾燥させてお手入れ完了。

ただし、泡を1分以上、泡をつけたままにしておくとシミになる可能性があるとのこと。さっと手早くお手入れしましょう。

小学生の息子の上履き洗いが簡単に!WASHLYをお試ししました

息子の上履きは新調しても1か月で雑巾のように汚れてしまいます。娘の上履きはそこまで汚れなかったので、初めはびっくりしました。

普段は靴洗い専用スプレー洗剤を吹きかけてゴシゴシ洗いをしていますが、今回は「WASHLY吹きかけ+拭き取り」と「しっかりつけおき」を左右それぞれに試して比較しました。

上履きの左にWASHLYを吹きかけました。

WASHLY吹きかけた後、布で汚れを拭き取りましたが、上履きがメッシュタイプだったため洗剤残りが気になり、サッとすすぎました。

右側はしっかりつけおき。

洗い終わり比較です。

(左:Washly 右:つけ置き洗い)

なんと、手間が大きく違うのに、左右を比べても、洗いあがりの大きな違いはありません。

両方とも見違えるようにきれいになった!というわけではありませんが、どちらも同じように汚れが落ちています。お湯を用意して酸素系漂白剤に漬け込んだ上履きと、スプレーして拭き取っただけの上履きで大差ないところが驚きです。

小学校高学年になった息子ですが、上履き洗いに対してやる気がなく、洗うのを任せると全く汚れが落ちていない状態で困っていました。WASHLYは吹きかけて拭き取るだけなので、やる気がなく洗うのが下手な息子でも使えそうです。

中学生の娘の上履き洗いにもWASHLYなら楽ちん!

娘の中学校では、上履きは毎週持ち帰りではなく、学期末のみとなっています。数か月間で蓄積した汚れがどこまで落ちるのか、検証しました!

娘の上履きにも左右で洗い方を変えてお試しします。「WASHLY吹きかけ+拭き取り」と「スプレーや固形洗剤使い」で、娘が実際に行ってみました。

上履きの左に、WASHLYを吹きかけました。

布で汚れを拭き取ります。

すすぎは必要ないため作業終了です。

上履きの右側は濡らした後、スプレータイプの洗剤を吹きかけてゴシゴシ洗いしました。

洗い終わり比較です。

(左:Washly 右:ゴシゴシ洗い)

こちらも、左右に、大きな差のない状態となりました。もともとたまった汚れは残っていますが、青いゴム部分の汚れはすっかりきれいになっています。WASHLYは爽やかな柑橘系の香りなので、嫌な臭いの上履きは避けたい、そんな中学生女子にもピッタリ。使ってみた感想を娘に聞いてみたところ「すごく楽だった!」とのこと。さっとふき取るだけだから、簡単ですね。

スニーカーにWASHLYを使ってみました

園庭や校庭、公園に履いていくスニーカーは砂や土汚れが付きやすいもの。小学校に通う息子のニューバランスとアシックスのスニーカーにWASHLYをお試してみました。

スプレー前。

ブラシや手で砂や土ぼこりをはたきましたが、全体的にホコリっぽい汚れがついています。

靴の右側だけ、WASHLYを吹きかけ、拭き取りました。

(左:そのまま 右:Washlyでさっと汚れ落とし)
(左:そのまま 右:Washlyでさっと汚れ落とし)

土や砂ぼこりの白っぽい汚れが簡単に取れました!

さらに、WASHLYの持つ消臭効果と柑橘系の香りにより、スニーカーのホコリと汗の入り混じった臭いもスッキリでした。

「WASHLYスニーカー&上履き用」を使ってみた感想

とにかく簡単で手軽! 吹きかけて拭き取るだけなので、水やぬるま湯を準備する必要がありません。

上履きで試した分は、洗いあがりも普段のゴシゴシ洗いと大差ないのにびっくりです。我が家のように、毎回上履きをピッカピカにしなくてもOKというご家庭であれば、WASHLYを使うと楽になりますね。

スニーカーに使用したときは、思った以上に汚れが落ちるのを実感しました。運動会の練習の時期になると、あっという間にスニーカーが土と砂でほこりっぽい汚れがつくので、玄関で簡単に汚れ落としができるWASHLYは助かります。消臭効果があり、柑橘系の爽やかな香りのため、狭い玄関でも強い洗剤のにおいがこもることがありません。今からでも遅くはありませんが、子どもがもっと小さいときに出会っていたかった!と思いました。

お出かけ前のスニーカー、簡単に済ませたい上履き洗いに

子供たちが小さかった頃を思い出すと、お出かけの時ほど履きなれた靴で出かけたがり、手を焼きました。「こっちの靴のほうがきれいだから」と勧めても「この靴じゃなきゃイヤ!」と拒否されたことも。園や学校、公園でしっかり汚してきたスニーカーを履いて電車に乗ったり、お友達の家にお邪魔したり、ショッピングモールや映画館に行くのはちょっと……と思うものです。そんな時WASHLYがあれば、時間のないお出かけ前でも汚れ落としが簡単にできますね。

週末恒例の上履き洗いでもWASHLYはお役立ち。簡単なので「今週末は、靴洗いをお休みしたい……」、「子供が自分でできたら」なんて思ったときにピッタリ。吹きかけて拭き取り、乾燥させるだけのWASHLYなら難しくありません。洗剤残りが気になるときは、さっとすすぐといいですね。状況に合わせて選択肢があると気持ちにも余裕が生まれます。子育て中は時に肩の力を抜いて、便利グッズに頼っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました