カビ特有のイヤな臭いを取りたい!——臭いから考えるカビ対策

カビ対策のポイント

ちょっと油断をすると、所かまわず生えてしまうカビ。食材だけでなく、服や家具にまでカビが生えてしまうと、残念な気持ちになりますよね。しかも、一度、カビが生えると、不快な臭いがついてしまい、お気に入りのアイテムが台無しになってしまいます。今回は、カビが発する臭いに注目して、その“もと”を探り、臭いを取り除く方法から、カビを寄せ付けないための予防法まで詳しく解説します。

ウッディラボ公式オンラインショップでご購入の方はこちら>>

yahoo!ショッピング店でご購入の方はこちら>>

カビそのものは臭くない!? カビの臭いの“もと”とは

お風呂やトイレ、キッチンなど、家の中でカビを見てしまうと、気分が下がってしまうもの。ときには、服やバッグ、靴、クローゼットなど、普段使いのアイテムまでカビが広がり、対処に困ってしまいます。一方で、普段なかなか意識することはありませんが、カビは私たちの生活に恩恵をもたらすことがあります。例えば、味噌やしょうゆ、日本酒やワイン、チーズといった発酵食品はカビの働きがあってこその恵み。そう考えると、なんだかカビって不思議な存在ですよね。負のイメージばかりが先行しがちですが、カビも「生物の一種」であるという視点から見ると、特有の臭いを発する理由も見えてきます。

カビと人は同じ仲間!? そもそも、カビとは何か

そもそもカビって何なのでしょうか。まず、カビという呼び名自体が俗称であり、専門的には「真菌(もしくは菌類)」といいます。真菌は“菌”という感じが使われているせいか、細菌の一種に思われがちです。しかし、実はまったくの別物。

細菌は、細胞の中にDNAがむき出しの状態で存在する「原核生物」ですが、一方の真菌は「真核生物」です。真核生物とは、細胞内でDNAが核膜に包まれて存在し、ミトコンドリアや小胞体といった小器官も持つ生物の総称。私たち人間も真核生物の一種であり、大きく分類では、カビもヒトは同じ仲間なのです。

しかし、カビの生育は、人間とは違い、植物に似ています。カビの胞子は植物の種のようなもので、一度、親となるカビから出た後は、ゆっくりと空気中を漂っています。胞子のままであればそのうち死滅しますが、あらゆる物にくっつく性質を持っているため、好みの場所に定着して住み家を見つけます。カビが好むのは、「気温20〜30℃」「湿度70%以上」「ホコリやフケといった栄養分がある」という3つの条件がそろうところ。そこで発芽し、菌糸を伸ばし、増殖していきます。胞子そのものは、顕微鏡でやっと見えるほど小さなものです。その後、増殖するにつれて「カビが生えている」と認識できるほどになります。

カビ臭の発生メカニズム

目視できるほどに育っていても、カビが動くようなことはなく、繁殖する様子がすぐに目に見えてわかるわけではありません。しかし、生きて成長していれば、ちょっとした変化が現れます。そうした変化の1つが、あの臭いです。

カビは生育する過程で、「3-オクタノール」や「二硫化ジメチル」といった揮発性有機化合物を生成します。それこそが、カビ臭さの正体。あの特有の匂いは、カビが生きて活動しているからこそ出る、代謝の副産物だったのです。

ほかにも、墨汁のような臭いと表現される「2-メチルイソボルネオール」、土臭いまたは泥臭いと表現される「ジェオスミン」といった代表的な“臭いのもと”となる物質があり、どちらも、水道水がカビ臭くなる原因となります。カビの臭いは不快なものですが、それは同時に、カビが元気に活動している証です。カビを取り除きたい人間にとっては、臭いを感じたら、カビ対策をすべきサインとして理解しておくと良いでしょう。

ジャンル別!カビの臭いの取り方

カビ特有の臭いは、カビが生きている証拠。これ以上、繁殖される前に、早めの対処を行いましょう。臭いがなくなったからといって、カビが消えるわけではありません。ですが、服やバッグなどにカビの臭いが残っていると、使うたびに嫌な気分になってしまうでしょう。カビが生えやすく、臭いも気になるクローゼットと下駄箱に注目し、収納アイテムについたカビの臭いを取る方法をまとめました。

クローゼットのカビ臭対策

クローゼットは締め切っていることが多く、空気がこもりがちです。そんなところに、脱いだ服をそのまま収納すれば、残った湿気や汚れをエサにカビが生えてしまうことに! また、クローゼット内部にカビが生えてしまえば、収納した服やバッグなどに広がってしまうかもしれません。もし、クローゼットからカビ臭を感じたら、内部の掃除を始めましょう。カビの広がりを把握するために、まずは、クローゼットの中のモノを全部取り出します。服やバッグにカビが移っていないかもチェックしましょう。

次に、アルコール除菌スプレーを使って、クローゼット内を掃除します。アルコールは除菌効果に優れているうえ、素材を傷めにくのもうれしいポイントです。お掃除の仕方は以下のとおりです。

  1. 乾いた雑巾などにアルコール除菌スプレーをよく吹きつける
  2. カビが生えていたら、その周囲から中心に向かって拭き取る
  3. しばらく扉を開けて、よく換気する

ただし、カビを発見しても、カビに直接スプレーをかけるのはNG。スプレーの勢いで胞子が舞い上がってしまう恐れがあり、周囲にカビが残ってしまうかもしれません。カビが生えている場所よりも広く、できればクローゼット内をくまなく拭いておくとよいでしょう。

洋服やバッグにまでカビが生えてしまったり、臭いがついていたりする場合には、以下の方法を試してみましょう。

  • 洋服
    カビは見えないけど、服にカビの臭いがついている場合には、アルコール除菌スプレーを服に吹きかけ、外でしっかり干して乾燥させます。それだけで臭いが落ちることも。ただし、素材によってはアルコールによって色落ちしたり、生地が傷んだりする可能性があります。大切な衣類を取り扱う場合には注意が必要です。
  • バッグ
    革製のバッグは、布製やビニール製と比べて、カビが生えやすいといわれています。理由は、革製品自体に含まれている油脂や、表面に残ったお手入れ用のクリームなどが、カビのエサとなってしまうから。カビは見えないけれど、なんとなく臭う……というときは、風通しのいい場所で陰干ししてみましょう。とてもシンプルですが、革に優しく効果も期待できるおすすめの方法です。

下駄箱のカビ臭対策

下駄箱も、カビが発生しやすい場所の1つ。内部の掃除方法は、クローゼットと同じです。アルコール除菌スプレーを使って、きれいに拭き取りましょう。さらにプラスαで実施したいのが、靴の陰干し。下駄箱の中の靴を全部出したら、風通しのいい場所で半日ほど陰干しをしましょう。汗で湿気がこもってしまう靴の中をしっかり乾かすと、靴自体のカビ対策になります。


  • 革靴は、革製のバッグと同様に、カビが生えやすいアイテムです。風通しのいい場所で定期的に陰干しを行いましょう。スニーカーなど丸洗いできる素材であれば、酸素系漂白剤につけ置きしてから洗うのがおすすめです。

もうカビ臭は発生させない!日頃からカビを予防するためのポイント

カビが生きている限り、臭いももれなくついてきます。逆に言えば、カビが生えなければ、あのイヤな臭いが発生することはありません。カビの臭いを出さないためには、カビ予防を講じることが何よりの対策です。カビ臭さの根本的な解決策は、「カビを生えさえない」ということに尽きます。シンプルながら効果の高い2つの方法とともに、おすすめのカビ対策グッズをご紹介します。

予防法① こまめな換気

換気は、新鮮な空気を取り込むだけでなく、湿度を下げる働きもあります。カビの好きな湿気を減らし、空気中を漂っている胞子を追い払うこともできる換気は、カビ対策に欠かせない方法です。

<カビ対策としての換気のポイント>

  • 春夏は12〜16時、秋冬は12〜14時の間に行う
    湿気を逃すには、外の湿度が低いときに換気することが大切です。 一日の中で湿度が低いといわれている時間を狙うといいでしょう。
  • 1回5〜10分くらいを目安に行う
    理想は、短時間の換気を数回に分けて行うこと。1回5分ほどの換気でも効果は期待できます。
  • 空気の通り道をつくるために、2カ所の窓を開ける
    1つの窓を大きく開けても空気の流れはさほど変わりません。効率のよい換気には、入口と出口の2カ所が必要になります。入口は狭く(5〜15㎝ほど)、出口は広めに開けるのがポイントです。

予防法② こまめに掃除する

家の汚れはカビの大好物。こまめな掃除は、カビの栄養源を断つことにつながります。忙しい日は、目立ったホコリだけでも取るようにして、汚れをためないことを心がけて生活してみましょう。カビが喜ぶ「湿気」と「栄養」を与えない——この2点に気をつけるだけで、カビの発生は抑えられるはずです。

クローゼットや下駄箱はもちろん、部屋にカビを映えさせないことが大切です。家のどこかにカビが生えれば、そこから胞子が飛んできて広がってしまうことも。気になる場所ごとに、カビ対策となるお掃除を行いましょう。

置くだけ簡単!おすすめのカビ対策アイテム

ウッディラボの「防カビシリカ」は、天然由来の香りでカビの発生を抑えてくれる防カビアイテムです。これは機能性アロマの防カビ効果によるもので、塩素系成分や殺菌剤成分は使われていません。小さな子どもやペットがいる家庭でも安心して使えるよう、天然素材にこだわっています。乾燥剤としても使われるシリカゲルに香り成分を含ませているため、除湿もこなせる優れもの。クローゼットと下駄箱はもちろん、ベッド下やシンク下など、使える場所は多岐にわたります。心地のいいフレッシュシトラスの香りに包まれながら、カビ対策を!

カビの臭いを消すには、カビの発生を防ぐことが大切

カビというと、体に害を及ぼす恐れのある厄介者のイメージがあります。でも、臭いに注目してみると、カビは生き物なのだと再認識させられます。生きているからこそ、あのイヤ〜な臭いが出てしまうのです。気になるカビ臭への根本的な解決策は「カビを生えさせないこと」。そのためには、カビの生育を助ける湿気と栄養を断たなければなりません。「こまめな換気」と「こまめな掃除」を心がけて、カビの発生を防ぎ、カビの臭いを原因から解消しましょう!

ブログ限定¥200OFF

クーポンコード【 blogwl 】

コメント

タイトルとURLをコピーしました