引っ越し前に新居の掃除をしよう!新生活を始める前の掃除方法とは

お掃除のコツ

引っ越しの際、旧居の掃除はしっかり終わらせても、新居の掃除は簡単に済ませてしまうことがあるかもしれません。引っ越し前後は何かと忙しいものですが、時間を取って新居の清掃をしておくと、今後に大きなメリットがあります。今回は、荷物を入れ込む前に新居を掃除する必要性を解説し、新居掃除の手順やチェックポイントをまとめました。新居をできるだけ長く快適に保つための対策についてもご紹介します。

引っ越し前の新居掃除で、新生活を心地よく

引っ越しが決まったら、旧居の掃除に力を入れる人は多いかもしれません。お世話になった部屋の掃除をしっかりすることで、気分よく退去できるでしょう。しかも、掃除して原状回復させれば、敷金が戻ってくる可能性があり、力も入るというものです。

その一方で、新居の掃除は手軽に済ませがち。というのも、一般的に、入居前の部屋にはハウスクリーニングが入ることが多く、ある程度、きれいな状態を保っているからです。わざわざ自分の手で、時間をかけて掃除する必要はないように思えてしまいます。

しかし、それは大間違い。入居の直前にハウスクリーニングが行われない限り、人が住んでいない期間にホコリや湿気がたまっています。目には見えなくても、少しずつ汚れが落ちており、場合によっては、荷物に汚れがついてしまうかもしれません。退去する部屋に感謝の気持ちで掃除するように、これからお世話になる新しい部屋への挨拶として、まずは自分の手で掃除してみてはいかがでしょうか。

新居の掃除は、気持ちよく新生活を始めるためだけでなく、もう一つのメリットもあります。それは、入居時に、部屋に残っているキズや汚れをチェックできること。入居時に大きなキズが残っていても、そのまま家具を置いてしまえば、気づかないままに過ごしてしまうかもしれません。入居前の入念なチェックをしておけば、退去時のトラブル防止にもなります。引っ越し前後はやることが多くて大変ですが、時間を作って新居の掃除ができると良いですね。

引っ越し前に新居を掃除するタイミングはいつ?

忙しいときに掃除をするとなれば、できるだけ効率よく片付けたいものです。しかし、タイミングを誤ると、かえって手間がかかってしまうかも。新居を掃除するタイミングは、いつがいいのでしょうか。

掃除のタイミングは、電気、水道が開通してから

引っ越しに向けた新居掃除は、電気や水道を開通させてから行うのが効率的。また、あまり早すぎると、またホコリが積もってしまうので、入居前日か数日前に行うと良いでしょう。まずは、計画的に、電気や水道を開通させるタイミングを考え、準備を進めましょう。

まずは換気から始めよう

掃除を始める前に、まず換気を行います。窓や扉を開けて、空気をしっかり通すことが大切です。特に、長期間空いていた部屋は、ハウスクリーニングをしていたとしてもカビやホコリ、下水の臭いが残っていることがあります。逆に、新築物件では、塗料の臭いが残っていることもあるでしょう。不快な臭いがこもった部屋で掃除をしていると、気分が悪くなってしまうかもしれません。まずは、空気を入れ替えて、掃除しやすい環境を整えてくださいね。

【場所別】引っ越し前の新居掃除のポイント

続けて、引っ越し前に行う新居掃除のポイントを場所別にまとめました。効率的に手早く、掃除を済ませましょう!

天井や壁

普段の掃除では手が届きにくい、天井や壁。引っ越し前なら、荷物や家具がないため、お掃除も簡単です。天井や壁の掃除は、荷物や家具の搬入前に済ませてしまいましょう。掃除は上から下へ向かって行うのが基本なので、まずは天井をきれいにしてから壁の掃除を行います。天井や壁は意外と汚れているので、雑巾をぬらして固く絞り、丁寧に拭くと良いでしょう。ただし、湿気が残ると、カビの原因になります。湿気がこもりやすい環境の場合は、乾拭きしてくださいね。

前の入居者が喫煙者だった場合、天井や壁にタバコのヤニがついてしまっていることがあります。タバコのヤニは、柑橘系由来の室内用洗剤を使うのがおすすめです。天井や壁と一緒に、窓の汚れやカーテンレールのホコリなどもお掃除を済ませてみて。家具を入れると手が届きにくい場所は、前もってきれいにしておきましょう。

照明器具

新居にすでに照明器具が備え付けられている場合は、照明器具もきれいに。照明器具はホコリがたまりやすく、そのままにしておくと、彩度が落ちて暗い印象の部屋になってしまいます。照明器具は、固く絞ったぬれ雑巾か、掃除用のシートでホコリを拭き取ります。もしくは、ハタキでホコリを下に落としてから、掃除機やほうきで取り除いてもよいでしょう。掃除しやすい方法でホコリをふき取ってくださいね。ただし、電球部分を触らないように注意が必要です。特にぬれ雑巾を使う際には、感電しないように気をつけましょう。

キッチン

続いて、新居のキッチン掃除です。まずはシンクの水アカと、排水溝の汚れを確認します。汚れが残っていたら、しっかりふき取りましょう。続けて、調理台にたまったホコリや、コンロの周りの汚れを取り除きます。この時、必要なところに、汚れ防止のシートを取り付けたり、換気扇に不織布のフィルターをつけたりすると、後の掃除も楽ちんです。また、コンロにフレームカバーや排気口カバーを取り付けておくと、油やホコリがたまりにくくなります。入居前の掃除のタイミングで取り付けておきましょう。

浴室

浴室はホコリがたまりにくいものの、カビが発生しやすいスポットです。ハウスクリーニングで消毒などが済んでいれば、汚れ落としを行う必要はありません。ただし、カビ臭がしたり、カビ汚れが残っていたりしたら、この機会に掃除をしておきましょう。

全体的な汚れが残っているときは、スポンジに浴室用洗剤を含ませ、しっかりとこすり洗いをしてください。洗剤による手荒れを防ぐために、ゴム手袋の着用を忘れずに。このとき、鏡に水アカ防止剤や曇り止めを塗っておくと、今後のお掃除が楽になります。

トイレ

トイレは狭い空間ながら意外とホコリがたまりやすい場所です。トイレ掃除用のウエットシートなどを活用し、全体を拭き取りましょう。また、入居前の掃除のタイミングで、水の流れ具合をチェックしておくと安心です。引っ越し当日に慌てないためにも、事前に水量などを確かめておきましょう。掃除と一緒に、トイレの汚れを予防するアイテムを取り入れるのがおすすめです。掃除後に便座カバーやトイレマット、サニタリーボックスなどを整えておくと、引っ越し当日から快適に使えます。

新居の床の掃除をするのは、すべての掃除が終わってから行うこと。天井や壁から落ちたホコリを、一度に掃除できて効率的です。

フローリングは、ほうきや掃除機でホコリを取り除いたあと、最後に固く絞ったぬれ雑巾で拭きあげます。畳は水拭きをすると傷んでしまうので、乾いた雑巾で目に沿うように汚れをふき取りましょう。

お掃除が済んだら快適空間を保つ工夫を

入居前に掃除を済ませたら、気持ちよく新生活が始められます。せっかくきれいにしたのだから、これから住む部屋を少しでも長く、快適な状態に保つ工夫も取り入れましょう。特に、おすすめしたいのが、カビやダニの繁殖を予防する対策です。

カビやダニは、一度発生してしまうと、すぐに広がってしまいます。取り除いてもしつこく発生するため、最初の対策がとても大切! とはいえ、掃除の上に、カビやダニ対策を行うのは大変なことにように感じますよね。そんなときは、置くだけ簡単なダニ・カビ対策アイテムを使ってみましょう。

ウッディラボの“置くだけ”カビ・ダニ対策

ウッディラボの『ダニよけシリカ』と『住まいの防カビ当番』は、置くだけ簡単な、お手軽ダニ、カビ対策アイテムです。

ダニよけシリカは、天然由来の機能性香料の力でダニの繁殖を抑えてくれる優れもの。小さな分包タイプなので、家具のスキマにも簡単に設置できます。食糧庫スペースや下駄箱、衣装ケースなど、ダニの発生が気になる場所に、ちょこちょこ置くのがおすすめです。殺虫剤成分は含まれていないため、小さな子どもやペットがいる家庭にも優しいダニよけアイテムです。

ダニよけシリカ香りお試しセット(布団、ベット、ソファー、置くだけでダニよけ、ダニ対策商品)|ウッディラボ公式オンラインショップ
【必見】今だけ!20%OFF★さらに送料無料! ★会員登録で今すぐ使えるポイント800Pプレゼント中★

住まいの防カビ当番は、置くだけでなく、両面テープで貼り付けることもできます。天然由来の香りによって、貼るだけ、置くだけでカビの発生を抑えてくれるアイテムです。塩素系成分不使用で、ツンとくる臭いもありません。洗面所の下や押し入れなど、カビの発生が気になる場所に設置しておきましょう。

住まいの防カビ当番(押し入れ・下駄箱・クローゼットのカビ対策、除菌、家事ラク商品、収納用品)|ウッディラボ公式オンラインショップ
天然由来の香りのチカラで住まいのあらゆるシーンで防カビ ◎押し入れ 〇下駄箱 ◎洗面台下 〇クローゼット 気になるところに置くだけ簡単

どちらも、手を汚さずに、すぐに設置できるのがうれしいポイント。新居の掃除の仕上げに、ふたつのアイテムを活用してカビ、ダニ予防に取り組んでみてはいかがでしょうか。

新しい部屋を大切に使うために、引っ越し前の掃除を済ませよう

引っ越し前に新居の掃除をしておくと、搬入時に家具を汚すこともなく、快適な新生活を始められます。掃除と一緒に、傷や汚れをきちんと確認して退去時のトラブルを防ぐメリットもあり、まさに良いことづくめ! 正しい手順を守ることで効率的にお掃除しながら、カビやダニ対策も行っておくのがおすすめです。新しい部屋を大切に使うためにも、時間を作って新居を掃除してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました